サイベイトのIPOをゲットする方法!

サイベイトが上場するという噂がありますが、
この会社のIPOは結構上がりそうと思っていたので、

 

絶対にGETしたいところです!

 

実は、最近IPOの調子がやたら良くて、
今年だけで、ちょっと見てください!

 

IPO当選立てた

これだけで今年140万円くらい利益が出ています!

 

なので、結構すでに当てる自信とかあるんですけど、
当てるコツって実は、すごく簡単な方法です。

 

複数の業者に抽選依頼だすだけです。
これは、本当に誰もが思うかもしれませんけど、

 

管理人はどうせ金かからないからいいかっていう感じで、
10社以上に口座開設して、同時申込とかしていたんですけど、

 

当たる業者がいつも以下の3社のどれかなので、
今はこの3社にだけ申込をしています。

 

それが以下の3社です。

 

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

マネックス証券

確実に平等に抽選してくれるので、押さえておきたいところです!

公式サイトはコチラ

SBI証券

抽選に外れれば外れるほどポイントが貯まるので、いつかは必ず当たる業者です!

公式サイトはコチラ

SMBC日興証券

主幹事になることが多いのに、さらに平等なので、絶対に押さえておきたい業者です!

公式サイトはコチラ

 

なんでこの3社がいいのか?

でも、なんで決まって当たるのが、この3社のうちどれかなのかなって思ったんですが、
ちゃんと理由がありました。

 

ちゃんと平等に抽選してくれる

基本的に、平等で抽選してくれないと、ほぼ当たりません。
そりゃそうですよね。

 

マネックスとSMBCはちゃんと平等に抽選してくれます。

 

主幹事を務める業者を選ぶ

主幹事は、IPO全体の5割〜7割取り扱うので、主幹事の業者にするだけで大分当選枠が大きくなるので、
これだけでも有利です。

 

さらにSMBCは平等に抽選してくれるので、確率もかなり上がるのでオススメです!

 

SBIの平等にポイントはかなり捨てがたい!

SBI証券のポイントは実はかなりハイスペックで、投資にかなり有利です。

 

どういうことかというと、SBI証券は、抽選が外れる度にポイントが加算されるので、
そのポイントを使えば、当選確率は跳ね上がります。

 

それを利用することによって、意図的に当選させるということが可能となります。
前に、108ポイントを使って、リプロセルのIPOを当てましたが、これでの儲けは146万円でした。

 

めっちゃ激アツです。
SBIは本当に、利用しないと損じゃないかって思えるようなハイスペックさです。

 

これでトータルこの3社を利用すればかなり美味しい思いができるので、
ぶっちゃけIPOだけでやっていける日が来るんじゃないかって兆しが今あります。

 

せっかくなので、期間限定で、このサイトを公開させておいてもらいますね。

 

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

マネックス証券

確実に平等に抽選してくれるので、押さえておきたいところです!

公式サイトはコチラ

SBI証券

抽選に外れれば外れるほどポイントが貯まるので、いつかは必ず当たる業者です!

公式サイトはコチラ

SMBC日興証券

主幹事になることが多いのに、さらに平等なので、絶対に押さえておきたい業者です!

公式サイトはコチラ

 

サイベイトってどんな会社?
サイベイト株式会社は、看板のあらゆる問題を解決に導くことを謳っています。つまり、看板を利用しての広告の効果を最大化することを柱に、看板に関わることを幅広く扱っている会社です。
テレビ、雑誌、インターネット上など、人の目に多く触れる場所に溢れる広告。しかし、そんな時代でも屋外の人の目に触れる場所にある看板広告は依然として広告のメインストリームです。他の広告媒体に比べてはるかに古い歴史があり、世の中の変化にも敏感な媒体と言えます。また、看板は会社やお店の印であり、ブランド力を示すものでもあります。
サイベイトは、この看板に多くのノウハウと実績があります。特に、合理的な設計と製作、人件費を実現していて、より低コストでの看板設置を謳っています。これは特に全国規模で幅広く看板を掲示したい企業に向いています。
価格だけでなく、看板には各種手続きなどが必要ですが、看板に関わることを知り尽くしたサイベイトは各種申請のサポートも請負ます。また、お店、会社の看板は長期間設置されるので、そのメンテナンスも重要です。これもサイベイトなら手厚くサービスできます。経年で汚くなる部分のケアだけでなく、安全面での点検も行います。ですからどんな看板設置にも対応可能です。
以上の全てはサイベイトがなんと全国4,300社の看板業者ネットワークを持ち、全国に幅広く、しかも地域によってばらつきのない均質なサービスを提供できる体勢が整っているから可能となっています。